VIP投資顧問の2chでの評判ってどうなの?

口コミやレビューは当てにしない方が良い

口コミやレビューで悩む女性今の時代は商品でもサービスでもなんでも全て比較をして良いものを選ぼうとする時代です。買い物なら、アマゾンや楽天といったサイトの口コミレビューや評価を参考にしますし、食事ならば食べログやぐるなびといった具合に、あらゆる口コミや比較のサイトに溢れています。

しかし、そうした口コミやレビューに頼りすぎるのは逆に危険となる場合もあります。例えば、投資顧問業界においても口コミやランキグといった比較形式の媒体が数多く目につきますが、それらの媒体の口コミはあまり当てにしない方が良いということをご存知でしょうか。理由は、ヤラセや捏造の口コミが数多く見受けられるからです。

口コミサイトのおけるステマ行為というのは今にはじまったことではなく、もう何年も前から問題視されてきていることです。本来であれば、口コミとは一般的に、商品やサービスを利用したことのある人が自身の個人的な評価を書き込むことですが、このしくみを利用して、商品の販売やサービスの提供を行う事業者が、自作自演で書き込んだり、第三者に委託して高評価の口コミを書き込ませるという事案はこれまでにいくつも発覚しています。

1つ大きな事例を挙げると、「食べログ」において口コミ代行業者が店舗からの依頼を受け、店舗の評価を上げる書きこみを行っていたというものがあり、食べログを運営するカカクコムが口コミ代行業者を特定し訴訟を検討しているとの報道がありました。このように口コミやレビューを操作しようとする業者が存在しているため、口コミやレビューが必ずしも正確な結果を表しているとはいえません。

これは消費者を欺く極めて許し買い行為ですが、これを規制したり取り締まるのも難しいというのが実情です。景品表示法の表示規制は、事業者側にあるもので消費者側にはないため、消費者を装ったり利用することで、自社の商品やサービスを良く見せることが可能となります。また、これの逆の行為も可能なわけで、蹴落としたい同業の商品やサービスに対して、悪い口コミを捏造して広げるという「逆ステマ」という行為もあります。

VIP投資顧問も、この逆ステマの餌食になっている状況がネットを検索すると読み取れます。まず、VIP投資顧問の評価を見てみると、悪評口コミが並んだサイトが目につきますが、よくよく考えるとこれはものすごく違和感のあることです。そんなに悪い口コミや評価ばかりのサービスが何年も運営を継続できるでしょうか。まず無理でしょう。

そして、VIP投資顧問の悪い口コミが並んでいるサイトをよく見てみると、運営者や運営元の明記がありません。なぜ明記しないのでしょうか?根も葉もない捏造口コミを並べているが故、訴訟を起こされてはこまるから隠しているのではないでしょうか。これでは、捏造の口コミサイトを運営していますと自分から言ってるようなものです。

このように、口コミやレビューばかりに頼っていると、事実とは異なる情報をつかまされることになるため、注意が必要となります。情報リテラシーの向上を意識して、目にしたものをうのみにするのではなく、一歩踏み込んで考えてみることをおすすめします。