VIP投資顧問のネットでの評判ってどうなの?

VIP投資顧問にはテクニカルアナリストが多数在籍している!!

<p>テクニカルアナリストの画像</p>VIP投資顧問には、NTAA認定アナリストの資格を保有するテクニカルアナリストが多数在籍しているのが特色です。テクニカルアナリストとは、テクニカル分析における専門家ということになりますが、テニクカル分析はファンダメンタル分析と並んで将来の株価判断や予想するための二大手法の1つなのです。

株式の価値とは、基本的には株主が将来にわたって得る報酬を一定の還元率で割り引いた形をしていますが、これは抽象的概念にすぎません。この概念をどうすれば具体的に示していけるのかが、ファンダメンタル分析の中心課題と考えられます。しかし、これは将来への予想に基づく以上、不確実性が必ず顕在することになります。つまり、いかに努力をしてもファンダメンタル分析にはも限界があるということです。

この限界を確認し、諸情報による株価の評価・予測を断念するところから出発するのがテクニカル分析になります。テクニカルでは逆に、株価には現在知りうるすべての情報が反映されている(織り込んでいる)と見て、その動き自体から今後を予想しようとします。そうした場合には、当然に経験則が有力な判断基準となります。

これに対し、ランダム・ウォーク理論のような経験則に否定的な考えも軽視はできないのですが、景気は循環します。しかも、これは経済活動の累積過程と多くの阻害要因とによる必然的な現象です。ここに経験則依存への合理的な根拠があるといえるのではないでしょうか。そもそも、経済には技術革新、構造改革など非循環的現象もあり注意を要することになります。

ただ、歴史上初めてでないものも多く、過去に学ぶことはとても大事なことになります。テクニカル分析の手法は近時、急速に多様化し高度化しており、今現在も進化しています。コンピューターの発達、データベースの蓄積と使用可能性の増大、金融工学の進展などは、これに拍車をかけています。テクニカル分析なくして株式市場と向き合うのは、海図や羅針盤なしで大海原に飛び出すに等しいものがあります。

現実的な相場の方向性や変動、そして実践的な売買タイミングに欠かせないのが、チャートによるテクニカル分析です。つまり、株式投資をするうえで、テクニカル分析は必須のスキルということになります。そのテクニカル分析を熟知したテクニカルアナリストを日本国内で唯一認定している期間がNTAA(日本テクニカルアナリスト協会)になります。